Out of Tune Records

COMPANY

1993年9月に高浪敬太郎氏(ex:Pizzicato Five)とThe Greatsthitsが設立。SOUP,SMOOTH ACE,MAJI NA DAMU,NUDYLINEなどを世に送り出してきました。現在、第4シーズンのリリースに突入。藤野侑佳、LOVEPOTION、日下翔太郎、大原由衣子、吉田知代などの作品をリリース中。!

詳細 >>

CALENDAR

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS
7件中   1 - 7 件表示 ( 全 1ページ )

間宮兄弟

オリジナル表示


こちらも愛聴盤「間宮兄弟」。


原作:江國香織、脚本・監督:森田芳光。


兄に佐々木蔵之介、弟に塚地武雅のキャストがはまりすぎ、原作から飛び出したよう。

二人の美女に常盤貴子&沢尻エリカ(まだカワイイ頃すっよ!)、妹に北川景子とこちらも申し分なし。


そして間宮兄弟が住んでいる部屋も、壁一面の書架に詰まった本とフィギアなど細かいこだわりが更にこの兄弟の愛おしさを倍増と美術も楽しめます。


原作のほっこりなあたたかさに、森田流の笑いを突っ込んだ、笑えてじんわりと小さな幸せを感じる作品。

こういう兄弟や姉妹、いいかも…。

2014-09-23 19:58:46投稿者 : OUT OF TUNE RECORDS
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

落下する夕方

オリジナル表示


幾度となく観た「落下する夕方」を今晩も。

江国香織原作を、原田知世・渡部篤郎・菅野美穂で映画化。

数多くの江国作品が映像化される中、今作はプロデュース・監督・脚本を手掛ける合津直枝女史の手腕で小説の行間までの空気感が画になった最高の映画。

また原田知世が恋の喪失をきっかけに、孤独や死や心の痛みを、ゆっくり受け入れ、再生していく女性の様を少ない台詞と表情、佇まいで表現。

ワタクシの中で、数ある原田知世主演作のNo1が今作でもある。




 


2014-09-19 00:33:24投稿者 : OUT OF TUNE RECORDS
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

サヨナラCOLOR

オリジナル表示


久しぶりに「サヨナラCOLOR」。

竹中直人監督・主演に原田知世。

二十数年ぶりに想い続けてきた初恋のひとに出会い、想いを募らせ、こだわり、そして幸せな結末を迎えるも…、なベタな王道ラブストーリーも竹中流の演出でほのぼのとした温かみにつつまれた映画。

ハナレグミの同名曲が主題歌。

エンドロールの浜辺に佇む知代ちゃんに、タカシ&清志郎の歌声が染みる…。

竹中人脈の業界友人多数出演。

どこに誰がでているか、の発見もお楽しみ。


2014-09-17 23:54:36投稿者 : OUT OF TUNE RECORDS
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

役者魂、ってやつですね

オリジナル表示

先日、ってか、火曜日に衝動的にプチっとした「ソラニン メモリアル/エディション」のDVDが、木曜日の午前中に到着。

早っいねぇ~。



浅野いにおの名作「そらにん」の映画版。

キャストは、宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一、監督は三木孝浩。

あらすじは…

「自由を求めて会社を辞めた芽衣子と、フリーターをしながらバンドを続ける種田。未来に確信が持てず、寄り添いながら東京の片隅で暮らす二人。だが、芽衣子の一言で、種田はあきらめかけた想いを繋ぐ。種田はバンド“ロッチ”の仲間たちと新曲「ソラニン」を完成させレコード会社に持ち込むが、反応のないまま日々は過ぎていく。そんなある日、種田がバイクで事故にあってしまう。遺された芽衣子は―――。」(メーカーのオフィシャルテキストより)


原作のコミックが絶大なる支持を受けているので、映画版は賛否両論、と言ったところですが…。


んで、本日、観賞。



気が付けば、2回も観ちゃった。

特典のメイキングを挟みつつ。



個人的には「いい映画だったなぁ~」が感想。

役者、映像美、テンポ感、音楽…、どれをとっても、良い感じ。

要所要所に挿入される風景が良いなぁ。

多摩川…。



バンドのリハやレコーディングの風景も、わりとキチンと実際の現場に即して撮影されていて感心。ミュージッククリップを多く手掛けている監督ならでは、か。



「何気ない、あたりまえの日常」が丁寧に淡々と積み上げられた映像で演出・編集されており、好感度(大)。




クライマックスの宮崎あおい演じる芽衣子が歌うライブシーンは圧巻!

これ、吹き替え無し、本人達の演奏ってとこが凄い!!!

役者魂を見せつけられた!っ感じ。

ベースのドラムのビリー役の桐谷健太なんて、ドラムやったことないのに!まあ、近藤洋一は、本業はミュージシャン、サンボマスターのベーシストなので演奏出来て当たり前なのだが。

宮崎あおいもエレキ掻き鳴らしながら歌ってるし…。

楽器をやったことがない人が、撮影合わせても2ヶ月あまりで、ここまでの演奏をするなんて。

役者ってすげぇなぁ…。

特典のライブシーン・フルバージョンは、ほんと素晴らしいんで、お買い求めの際は、是非、デラックス・エディションを。




宮崎あおいといえば、こちらの映画もお薦め!


オリジナル表示


内容は、というと


『tokyo.sora』の石川寛監督が、宮崎あおい、西島秀俊、永作博美、瑛太の4人を主演に迎え、「好き」の一言が言えない男女の17年に及ぶ愛の軌跡を描いたラブロマンス。17歳の頃、同級生のヨースケに想いを寄せていたユウは17年後ヨースケと再会する。 (「キネマ旬報社」データベースより)


こちらの映画もCMを多数手掛ける石川監督だけあって、映像美は文句なし!ほんとうに少ない台詞と映像だけで物語が進行していきます。

丁寧に撮影された映像から、二人の気持ちが溢れ出ています。

どうしても言えない「好き」…。

じんわりきます…。



はじけて、がっつり、宮崎あおいで笑いたい方には。こちら



オリジナル表示


宮藤官九郎監督&脚本の「少年メリケンサック」。こちらも音楽、バンド物、ですが。

抱腹絶倒…。





さぁ~て、もう一回、「ソラニン」、観ちゃおうかなぁ~。


今日は「ソラニン」日和。

2010-09-19 20:14:41投稿者 : OUT OF TUNE RECORDS
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

デコトラ魂…、に火が付いた!?

オリジナル表示

くぅぅ、面白いぜよ、「トラック野郎風雲録」。

映画監督の鈴木則文さんの代表作「トラック野郎」シリーズの制作秘話を中心にしたエッセイ。

映画への愛が溢れた一冊っす。


初めてトラック野郎映画館でを観たのは、確か中学生のときで、第2作目の「爆走一番星」だった。

それ以来、9作目「熱風5000キロ」までは、必ず映画館に通って観るほどはまってた。



菅原文太扮するトラック野郎:星桃次郎がマドンナに出会い、一目惚れ。

恋のから騒ぎあり、ライバルとの対決あり、マドンナに失恋するも彼女の為に一肌脱いで西から東、日本を大爆走、な、お約束なワンパターンですが、寅さんシリーズ同様に日本の四季と人情満載で、はまるとやめられない。

興行収入が伸びるに従い、トラックの装飾がじゃんじゃか豪華絢爛になってくるんだよねぇ~。


んな理由で、ひさびさにデコトラ魂に火が付いた!で、ビデオの録画してあるシリーズを引っ張り出し、観賞、御満悦中。

DVD、全10作、大人買いしたい…。

ついでに大型免許も取りたい…。


お薦めは、「天下御免」、「爆走一番星」すっ!

2010-07-14 16:38:54投稿者 : OUT OF TUNE RECORDS
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

堤幸彦監督 03 ~一押し作品編~

続く、続く、堤幸彦監督編!ですが、今日が最終回。

僕の大好きな堤作品を紹介。

 

                  

映画「恋愛寫眞」(2003年)

もう、10回位観ちゃった…。恋愛モード全開!松田龍平×広末涼子、最高です。エンディングの山下達郎「200000トンの雨」まで観どころ満載。

 

 

                 

 

映画「溺れる魚」(2000年)

椎名桔平×窪塚洋介の絡みが何気に笑わせてくれます!IZAMの怪演ぶりがなかなかです。

 

                 

TV「ケイゾク」(1999年)

ストーリー、映像、全て文句なし。サスペンス、スタイリッシュ、笑いが絶妙にブレンドされた一押しTV作品!

 

 

 

                 

TV「愛なんていらねよ、夏」(2002年)

最終回の空港での渡部篤郎、カッjコよすぎ!

 

 

 

                  

TV「世界の中心で愛をさけぶ」

一日で、全11話をぶっ通しで観たらもう目腫れ腫れ~(@_@)

行定勲監督版映画と見比べるとまたまた泣けて楽しめます。

 

 

 

                 

TV「ハルモニア この愛の果て」(1998年)

映像の色合いと、中谷美紀が良いっす!楽器を演奏する人は観てちゃん!音楽がモチーフです。

 

 

 

                  

TV「金田一少年の事件簿」(1995年)

堤監督の転機となる(?)作品。カメラワーク、演出、ちょとした笑いは、「トリック」の原点かも…。剛君とりちゃん、いま観ると、めっちゃ若いです、当然ながら…。

 


2008-05-16 13:11:00投稿者 : わんわん
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

録画物見聞録

朝から大荒れの雨…

空いた時間に、録り溜まっているWOWOWの録画物をがーっと観る。

 

「紀子の食卓」(2005/園子温監督)

「夏物語」(2006/チョ・グンシク監督・韓国)

「無花果の顔」(2006/桃井かおり監督)

 

どれも、ぴんとこない作品…。強いて言えば、「紀子の食卓」で☆☆☆、あとは☆か☆☆って感じですわ。もちろん、満点は☆、5個です。

 

そーえいば、最近、映画館行ってないなぁ~。

観に行かなくちゃ…。

 


2008-04-08 23:55:00投稿者 : わんわん
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと
7件中   1 - 7 件表示 ( 全 1ページ )